自宅を新築する場合住宅建設資金の調達方法と共に大切な事は建設業者の選定です。

工務店及びハウスメーカーから住宅建築に関するPR用の資料が沢山送られてきます。

住宅建築の工法、建築に採用される部材の材質、最短の工事期間、完成後の予想写真等が郵便受けに溢れんばかりに送られて来る為嬉しい反面業者の選定に悩まされる事が有ります。

工務店とハウスメーカーを比較検討する事になりますが、夫々に長所もあり短所もあります。

ハウスメーカーの場合にはメーカーで夫々特徴がありメーカーの独自の工法、材質選定に依り既に完成されたアイテムから選ぶ必要が有ります。

モデルハウスと同じような量産体制で生産される住宅はコスト的に魅力のある価格が期待できますが、ハウスメーカーの仕様をそのまま受け入れる事が条件になります。

一方工務店の場合にはある程度客の希望を取り入れながらフレキシブルに対応をしてくれます。

特に地元で長く営業している工務店の場合には地域密着型のセール態勢を取って居り、価格的な協力も期待できます。

更に住宅完成後の住宅に不可欠なメンテナンス作業に関しても保証期間終了後も何かと面倒を見てくれる事もあり、依頼すればすぐに来てくれる安心感が有ります。

ハウスメーカーの場合はある程度ドライな対応が一般的で保証期間終了後は有償工事等が普通です。