注文住宅とは建売住宅のように既に出来上がってる住宅を選んで購入するのと違って一から希望通りの家を注文して作る事ができます。注文住宅を選択する事でメリットもデメリットもあります。

注文住宅のメリットは希望通りの住宅を手に入れられるという事です。

建売の場合は住宅自体も立地自体も既に用意されている物の中から選ぶ事になります。その為ある物の中で一番良い住宅を選んで購入する事ができても一から全てを希望通りにする事はできません。

建売住宅ではニッチなニーズに対応するよりも多くの人に無難に受け入れられる住宅を作る傾向があります。特徴的なデザインや機能性を備えた住宅を希望する人には特にメリットがあります。

施工会社も建売の場合は決める事ができませんが、注文住宅ならば信頼している施工業者に頼めます。

デメリットとして挙げられるのは手間がかかる事と費用が高くなる事です。

一からデザインや機能性を考えてオーダーするので、建売住宅よりも購入者にかかる手間は大きくなります。特に予算がシビアの場合は予算調整による細かな変更をしていく事になるので大変です。

同じような立地に大体同じグレードの家を建てた場合は建売住宅よりも注文住宅の方が少しコストが高めになってしまいます。

また建売住宅のように最初から完成しているわけではないので、購入してから入居までに時間がかかります。