住宅を購入する際には注文住宅にするか、建売住宅にするかという選択肢があります。

前者は家を建てる土地から住宅まですべて自分で選ぶことが出来ますので自由度が非常に高く、理想にあった家を建てることが可能です。

一方で、後者は前者とは違い土地と住宅がセットとなって販売されており、自由度が少ないですが安く手に入れることが出来ます。

注文住宅では自身の家を建てる広さの土地だけを購入するため、建売住宅のように大きい土地を安く買うことが出来ませんし、よい土地はメーカーに買われてしまうことが多く、根気よく土地を探す必要があります。

二つの大きな違いとして、実物を見て買うことが出来るかということがあります。

建売に関しては、モデルルームがあり自分達が住むことになる家と同じような家を実際に見ながら選ぶことが出来ます。注文住宅では図面や模型でのみ家の完成図を確認することが出来ます。

また、購入に際して契約の違いもあります。建売住宅は「宅地建物取引業」にあたり、不動産分野になります。

一方で、注文住宅は「建設業」に当たり、建築分野です。

そのため、表現としては、前者は「家を買う」ですが後者は「家を建てる」という表現になります。この契約の違いで値引き交渉の方法の違い等が出てきます。

それぞれの値下げ交渉は、建売では書面で行うのに対し、注文では口頭での値下げ交渉になります。