安さの点では分譲建売の住宅に人気がありますが、一方では注文住宅には自分の家だけにしか存在しない間取りを設置出来たり、機能を備えたりするメリットがあります。

人生の大半を住宅で暮らすことを考えると、自分の好みに合った形の住宅を建設することが必要不可欠です。

もちろん暮らし自体が楽になる場合もあり、間取り自体を検討してみる工夫をすることができます。暮らしを楽にする間取りを検討する上で重要なポイントとしては、まず立体的に考えることが重要です。

多くの場合、平面図で間取りを構成するのが一般的ですが、平面的な思考になりやすい欠点があります。それを立体的に考えることは、暮らす上での部屋の見た目を把握して、暮らした場合のシミュレーションを行うことにも優れています。

例えば窓の配置は部屋の明るさにも大きく影響を及ぼすことも多く、ちょっとした配置で暗い空間や明るい空間の違いが雲泥の差として生じることも多いです。よって窓の配置なども考えてみることも重要な視点に繋がり、それだけで暮らせる空間を快適にもたらすことになります。

現在では3Dの技術が進化しており、単なる平面図を実際に部屋内部に暮らした場合の光景を描き出せるバーチャルな技術があります。立体的に考えることとシミュレーションを行うことにも優れているため、実際の暮らしに即した形で判断できるとして普及しています。