家の建築時に工務店を選択することには多くのメリットがあります。

総費用が安いことも大きなメリットといえるでしょう。

大きなハウスメーカーはサービスが充実している一方で、さまざまな経費が上乗せされていることが多いです。

小規模な工務店なら、そのような経費が含まれておらず安く抑えられる傾向があります。

交渉次第では原価より僅かに高い程度に留めることも可能です。

工務店ならではのメリットとして、設計の自由度が高いことも挙げられます。ハウスメーカーは決まったフォーマットに従って建築するのが一般的です。多数の注文を受けるため、効率よく建てられるフォーマットを設けています。

もちろん注文建築のような自由度の高い住宅を建てることもあります。

しかし低価格帯の家で比較した場合、工務店に軍配が上がることが多いでしょう。

さらにローンを組みやすいことも重要なポイントです。

古くから営業している工務店は、地元の銀行と強い信頼関係を持っています。そのためローンを組むときも融通が利きやすいメリットがあります。

ローンを組む作業が一連の手続きの中に組み込まれているケースもあるほどです。

ただし、本人の信用度が重要であることに変わりはありません。