「リフォームとリノベーションの違いがいまいちわからず、改修工事を頼みにくい」
このような方はいらっしゃいませんか?
おそらく、リフォームとリノベーションの違いをしっかりご存知の方は少ないと思います。

これらの違いをわからずにいると、改装工事に不安が出てくるかと思います。
そこで今回は、リノベーションとリフォームの違いを理解し、ご自宅に最適な改修プランはどちらなのかお考えいただきたいと思います。

○ リノベーションって何?
リノベーションとは、大規模な改修工事のことをいいます。
中古の物件を購入した場合、間取りやデザインを古いと感じることがあります。
このような場合は、リノベーションで内装を間取りごとすべて改装してしまうことができます。
前の家の造りや雰囲気を一新したいという方には、リノベーションが人気を博しています。
○ リフォームって何?
リノベーションのような全面改修工事に対し、リフォームは劣化した箇所のみを修繕する、修理工事の要素が強い施行方法です。
例えば、古いキッチンを新しくする、壁紙を貼り替えるというような、間取りの変更がいらない小規模工事はリフォームです。
大規模工事ではないため、価格を安く抑えることができます。
「家が古くなってきたから、内装だけ整えたい」、「家の雰囲気を残して新しくしたい」という方にとってはリフォームが最適です。

今回は、リノベーションとリフォームの特徴をお話ししました。
違いがご理解いただけた方は、ぜひそれぞれの工事プランのどちらが適しているかを考えてみてはいかがでしょうか?