「おしゃれな注文住宅に憧れはあるけど、価格が高そうだし断念するしかない」
このような方はいらっしゃいませんか?
注文住宅は高額なイメージが強く、なかなか手を出しにくいですが、全てが高額であるとは限りません。

ポイントさえ知っておけば、注文住宅でも安く建てることはできるのです。
そこで今回は、家具における注文住宅の節約術についてご紹介します。

○ オーダーメイド家具は避ける
注文住宅の多くは、家具も自分の家独自のオーダーメイド品を使います。
しかし、オーダーメイドの家具は、家具職人が個別で作った設計図をもとに一から作り上げるので、大量生産している既製品に比べて高額になってしまいます。

どうしても「デザインやサイズにこだわりがある」という場合でなければ、できるだけオーダーメイド家具を避け、既製の家具を使用することで、設備投資にかかる費用を節約するといいでしょう。

○ 家の間取りは一般的な規格に
注文住宅の多くがオーダーメイド家具を採用しているのは、なぜだと思いますか?
それは、部屋の間取りやサイズが特殊なせいで、部屋に合う家具がみつからないからです。

注文住宅はその家のオーナーと設計士が間取りやデザインを考えていくのですが、一般的な住宅と異なる間取りや規格に設計してしまうと、既製の家具が合わず、結局オーダーメイド家具を取り付けることになるのです。

既製品は大量生産するので、一般的な住宅のサイズに合わせたデザインをしています。
家具にお金をかけたくないという方は、部屋のサイズにも注意しておくとよいでしょう。

今回は、家具からみる節約ポイントについてお話ししました。
どうしてもこの家具が良いという場合以外は、できるだけ節約していくと注文住宅でも安く建てられるので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。