こんにちは。有限会社塚田工務店です。

外壁塗装やリフォーム、新築住宅、注文住宅などを頼むとき、大体の方はハウスメーカーか工務店に依頼すると思います。
みなさんはハウスメーカーと工務店の違いを知っていますか?

ほとんどの方は知らなかったり、曖昧で明確な区別ができていなかったりとわかっていないのではないでしょうか。
そこで、今回はハウスメーカーと工務店の違いをご紹介していきます。

■工務店

実は、工務店という言葉の定義はありません。

主に戸建住宅を請け負う建築専門業者の中で、地元に根付いた業者を工務店と呼んでいる場合が多いです。

工務店は個人やメーカー等から請け負った依頼に対して鳶(とび)・大工・左官を派遣したり、電気・水道などの管理をしたりします。その他工事全体の監督も行っています。

同じ工務店でも、業務体系の違いがあるので、取り扱っている仕事は若干異なっているようです。

■ハウスメーカー

ハウスメーカーという言葉の定義もありません。
世間一般では日本全国で広く展開する住宅会社に対して使われています。
ハウスメーカーの多くは売り上げ高や住宅着工件数が多く、規模が大きいところが多いです。
どこのハウスメーカーもリフォームや注文住宅等ほとんどの依頼を取り扱っています。

以上、工務店とハウスメーカーについて詳しくお伝えしました。

ご参考になれば幸いです。