これから注文住宅を建てようとお考えのあなた!
自分で理想の城を思い描いて造るのはだれもが抱く夢ではありますが、失敗したときに責任を被るのも自分です。
絶対に失敗したくないですよね!
そんな時は歴史に学ぶのが一番!先輩たちの注文住宅失敗パターンを学んで自分達の注文住宅を成功に導きましょう!

パターン1 生活感のある室内が丸見え

「玄関ドアを開けると、通りを歩く人から室内が丸見えになってしまう」
玄関から室内まで、まっすぐに遮るものがないと、人の出入りの際に外から丸見えになりますよ!

家の構造をしっかりチェックしましょう!

パターン2 必要な場所にコンセントが足りない

「コンセントは多めに設置したけど、テレビの裏など必要な場所にない」
コンセントの設置で関して量も重要ですが位置も同じぐらい重要です!

延長コードの多い部屋は雑多に見えますよ!

パターン3 リビングが広すぎて冷暖房の効率が悪い!

「リビングが広すぎて、なかなか暖房が効かない」
ゆったりとしたリビングで家族とにぎやかに休日を過ごしたいというのは、みなさんが考えることですよね!

でも広すぎるリビングは暖房が効きにくく、冬場は寒い思いをするかもしれません!

エアコンの設置場所や床暖房などしっかり考えて相談しましょう!

 

以上、注文住宅の失敗パターン3つについてご紹介しました!
こういったリスクをしっかり解決してくれる工務店さんを見つけるのが一番の近道です!