新築か中古か迷っているあなた!人生の中でも最も大きい決断の一つを下すうえで周りのみんなはどう考えているんだろうと気になりませんか?

家は、もちろん家族の理想の暮らしのためにあるものですが、新しい土地に住むうえで周りからの目も気になるかもしれませんね!
そこで、今回は新築と中古に関する世間のイメージをご紹介したいと思います!

・新築物件を選ぶ人は73%

内閣府の2015年の調査によると新しく家を買うなら新築物件(新築一戸建て63%、新築マンション10%)が73%もいて、中古物件と答えた人はわずか10%しかいませんでした!(17%はどちらでもよい)
みなさん新築物件がよいと思っているんですね!

新築物件を選んだ理由としては、「間取りやデザインが自由に選べるから」と「すべてが新しくて気持ちいいから」がどちらも60%と大きい理由となっていました!

また、「人が住んでいた後には住みたくないから」という理由が20%もありました。
きれいな中古物件であっても、中古ということに抵抗感がある人は少なくないんですね!

 

いかがでしたか。
以上、新築と中古に関する世間のイメージをご紹介しました!
最終的に決めるのは自分ですが、人の意見も参考になりますよね!