皆さんはリフォームするならどんな家がいいですか?

機能性に優れた家もいいですが、やっぱり家ではリラックスもしたいですよね。

そんな両方を適度に満足させるのが、日本に古くからある木造建築です。

今回はそんな「木の家」のメリットを知っていいただこうと思います。

◆機能面のメリット

木材は軽くて丈夫で、実は耐震性に優れています。

またリフォームのしやすさから家自体の寿命は想像以上に高いです。

◆過ごしやすさのメリット

断熱性に優れているだけでなく、夏の湿気の多い時期には湿気を吸い取り、冬の乾燥した時期には湿気を室内に放出することで、季節問わず快適な室内環境を作ってくれます。

また、木の独特な香りは疲れを癒してくれますし、木の肌触り、質感になんとなく落ち着く方も多いのではないでしょうか。

さらに、紫外線吸収効果や、適度に音を吸収してくれることから、木の家は、音や目にも優しい構造になっています。

◆柔軟性の高さ

加工がしやすく、低コストでリフォームも行いやすい点から、設計の自由度も高いです。
将来変化するであろう、ライフスタイルを考えても、非常に性質の良い家だといえます。

 

いかがでしたか?

これらの理由もあり、「木の家」は機能性を重視する現代においても、他の素材の家に劣ることなく人気の高い家なのですね。