工務店とは工事全体を管理する総合的な業者のことです。具体的には複数の専門工事業者をマネージメントしたり、設計や施工に責任を持つ立場と言えます。日本では昔から大工の棟梁が他の職人達を管理してきた文化がありますが、その大工の棟梁が請け負っていた仕事を発展させたのが工務店です。

現在の工務店は様々な形態に類型化されています。棟梁が設計から工事まで責任を持つ「棟梁タイプ」、社内の建築士や社外の設計事務所と連携してデザインする「デザイン重視タイプ」、外部に設計を依頼して施工だけを行う「施工専門タイプ」、特定工法のフランチャイズ業務やハウスメーカーの下請けをメインとする「フランチャイズタイプ」、特定の建材や設備を使って商品化する「ハウスメーカータイプ」、自社で土地を購入して販売する「デベロッパータイプ」があります。しかしほとんどが複合形態をとっているため、工務店の数だけ個性があると言っても過言ではありません。

公務店で住宅を建てるということは工務店に設計と施工の両方を依頼することを指します。工務店に建築やリノベーションを依頼することのメリットは、要望を細かく決めれることや専門分野に特化していることです。また個人住宅を建てるのは中小工務店ですので、社長の人間性も分かるのが魅力です。