工務店というのは、建築に関わったり土木工事に関わったりする仕事をするお店です。ただ、昔とは異なる仕事をするようなところも多くなってきていて、今は様々な形態をとるようにもなっています。大企業の下で下請けとして仕事をするところや、独立して工事全体の責任を持つところなど責任の所在も場合によって様々ということにもなっています。

こうした状態が工務店とは何?ということになるのかもしれません。その仕事内容は多岐にわたり、仕事の形態も多岐にわたるようになっています。

ですから、仕事を工務店に依頼するような時には、どこが工事の責任を負うのかも確認しておくことが大切です。場合によっては工務店は現場だけの責任で窓口は違うところということもあったりもするわけです。

悪徳な業者になるとこうしたことを逃げ道として一切の責任を他の会社に押し付けるということもよくあります。特に複数の業者が仕事を分担してやるときや、窓口と施工会社が異なる時などにこうしたこと業者が出てくることになることがあるので、注意が必要です。

基本的に仕事を依頼するときはどこが責任をとるのかを明確にしたうえで、依頼をするようにします。責任範囲を不明確にするのは悪徳業者の手口の基本だと認識するようにしましょう。