家を建てる場合、さまざまな業者を選ぶことが可能になっています。大手ハウスメーカー、設計事務所、工務店など、いろいろな広告や宣伝を日々目にして、どれを選択すればよいか迷うほどの情報が流れています。

工務店は、家を建てるために必要となる職人や業者などをまとめ、設計から施工、アフターサービスまでを管理する業者のことです。地域密着型の工務店から大手工務店まで存在しており、提供しているサービスなどはそれぞれ異なっています。

工務店で家を建てるメリットは、安い価格で設計の自由度が高い家を準備でき、ローンを組みやすいことがあります。工務店は、ハウスメーカーなどと違って、使用制限がなく、都心の小さな土地であっても、安く家を建てることができます。

また、地域に根付いた営業を行っている工務店であれば、豊富な経験やノウハウを蓄積しており、地域の特性などに基づいた住宅のプランニングを行ってくれますので、オンリーワンの家づくりが可能になります。

さらに、設計事務所に依頼を行うよりも、工務店でプランニングを行うほうが、時間が短くすむケースが多くなっています。家を建てる依頼者の要望に対して工務店は柔軟に対応をしてくれます。