キッチンのスタイルには種類があります。
シンクとコンロを別々に分けたキッチンをセパレート型のキッチン、もしくは型キッチンと呼ばれます。
シンクとコンロが分けられているために、それぞれの横に作業スペースを設けることが出来ることが特徴的です。
キッチンで家族と複数人で一緒に料理を作る際に、作業スペースがなくてもどかしい気持ちになったことはありませんか?セパレート型キッチンでは、作業分担が行いやすいデザインにすることが出来ます。
賃貸住宅のキッチンは狭いことが多いですが、作業スペースを確保したいという場合にはセパレート型キッチンという選択肢があります。
他にも、キッチンをコンロ側とシンク側の2つに分けることで、キッチンの幅が短くて済むというメリットがあります。
キッチンの幅を取ることが出来ない時にも、通常のキッチンではなくセパレート型キッチンは設置することが出来るので、家の形状が特殊でも安心です。
広々としたキッチンの中で料理を行いたいという方にはぴったりのセパレート型キッチンで、わいわいと複数人数で作業を楽しんで下さい。