I型キッチンは、対面式に設置すると家族の様子を見て会話しながら調理ができます。
コンロのところに壁を作ればにおいの拡散は減らせますし、カウンターを高めに設置すれば水はねも防げます。
周りを囲むようにカウンターを設置すれば流しのなかは外から見えにくいです。
ということで、デメリットは気をつけないと意外とキッチン内が丸見えになる事です。
全く壁を作らない孤島型のI型キッチンにすると、とても開放感がありますが、水や油の飛び散りが気になりますし、調理台をいつもきれいにしておかないとごちゃごちゃしたものが丸見えになり、生活感が出てしまいます。
背を向けるタイプに作った場合は、家族の顔を見ながらというわけにはいきませんが、話はしながら調理することは可能で、昔ながらの素朴なタイプのつくりとなります。
背を向けるタイプのほうが台所の上部の壁面に収納スペースを取りやすく広く使えるメリットがありますが、孤独な感じはあります。
このようにI型キッチンと言っても設置の仕方でメリットデメリットがあります。
自分に合った場所に設置して、工夫も凝らすと使い勝手がよくなりますね。