シックハウス症候群は、住宅の壁紙などを張付ける糊などに含まれる化学物質や、ダニ・カビなどを吸い込むことで発症するアレルギー性疾患です。
その発症には個人差があり、また体質変化により今までなんともなかった人が発症してしまうことも有る病気です。

症状としては、皮膚がひりひりと痛みを感じたり、目がちかちかしたり、のどが痛くなったりという刺激を感じるほか、体がだるい、頭が痛いといった内的な症状が有ることも有ります。

シックハウス症候群は一種のアレルギー性疾患ですので、これを予防するためにはその原因を排除することがもっとも大切です。
最近の住宅は気密性の高い住宅が多いため、換気不足などにより部屋に化学物質やダニ・カビが蔓延してしまうと発症しやすくなるので、こまめに換気を行うほか、リフォームなどで壁紙を張り替えた場合には十分に換気をして化学物質を早めに部屋の外に追い出してしまうことが大切です。

最近ではシックハウス症候群に対応して自然性の糊を使用したり、ダニ・カビの発生を抑える抗菌性の壁なども販売されているので、これらを利用するのも効果的です。