「シックハウス症候群」という症状は、これまでにテレビや新聞などのメディアで効いたことがある方もいらっしゃるかと思います。
シックハウス症候群は実は和製英語で、世界共通の呼び名は、シックビル症候群(Sick building syndrome)あるいはビル病と呼ばれています。
シックハウス症候群は、簡単に言えば、室内空気汚染により引き起こされる症状のことを指します。
日本においては、石油ストーブ、石油ファンヒーターから発生する窒素酸化物や、ダニやカビなどのアレルゲンにより引き起こされる症状が中心でしたが、近年ではこれらの原因以外にも多様な原因によりシックハウス症候群が発生するケースが増加傾向です。
たとえば、新築の家に入居した人が、「目が痛む」「頭やのどが痛い」などの自覚症状が出たときはシックハウス症候群を疑う必要があります。
住宅の高気密化や化学物質を放散する建材などの使用により、室内空気汚染が確認されたときにもシックハウス症候群は発祥することがあります。
シックハウス症候群は、家にいる時間の長い主婦や子供が発祥する割合が多い症状です。