自宅の外壁がくすんで汚れてしまったので掃除しようと思ったら、現代では家庭用の高圧洗浄機が発売されているので気軽に掃除をすることができます。

水の圧倒的な水力で掃除をするので、洗剤の泡の処理を気にすることがなく近所の迷惑になりません。

しかし、せっかく綺麗にしたのにまたすぐに外壁が汚れてしまうことは良くあります。

その原因として、掃除によって生地が傷つきそこに汚れの取り残しが何度も蓄積することによってまた汚れが目立ってしまいます。

また、外部の環境によっても汚れてしまいます。

日当たりの悪い場所だと湿気が溜まり、カビやコケなどの格好の繁殖場所となります。

雨が当たらないようにと工夫したつもりなのに、その結果風に乗って付着した汚れが雨で洗い流されずにそのままになってしまうというケースもあります。

車の通行が多い土地に建っているのならば排気ガスなどで汚れていることも考えられます。

傷がつくならば自分で掃除しないほうがいいのかと思うでしょうが、手を入れないとさらに汚れは蓄積していきます。

専門の業者に外壁の防汚をしてもらい、自分でできる範囲でメンテナンスをするようにしましょう。