現在では住宅の多くが洋風化が進んでいることが目立ち、洋室のみで構成されている住宅も数多く存在しています。
しかし、和室に関しても注目されている室内として挙げることができ、現在では見直しを行う方も増加傾向にあります。

和室の場合ではメリットに感じることがあり、もたらす3つのメリットに関しては、部屋の湿度調整を行うことができる内容を挙げることができます。
壁や畳が湿気などを吸収する役割を持っていることになり、湿度調整には向いている室内に施すことができます。

次に一般的にはい草を使って畳を作っていることが多いので、その香りを堪能することができ、安らぎの空間として利用することにも向いています。
3つ目は防音効果が高いことを挙げることができます。

和室に設置する畳の場合では、十分な厚みを持っており、足音などを吸音する効果を合わせ持っているので、防音効果の大きな室内に仕上げることができます。

他にも寝室用として使う方法や、客間用として使う方法、趣味の部屋として用いる方法などもあり、幅広い用途を持っている室内になるので、沢山のメリットを感じ取ることができます。