家を建てるならウッドデッキのある家にしたい、そんな希望を持つ人は少なくありません。
ウッドデッキはリビングなどの続きに設置する木製や樹脂製のデッキで、庭と家をつなぐ便利なスペースを作ることが出来ます。
これはかつて日本の住宅によくあった縁側のような役割をする空間で、玄関からかしこまって入ってこなくても、ちょっと立ち寄ってくれる人を迎え入れる空間としての役割もあります。
家族団らんのために気持ちの良い日にはウッドデッキで風や光を感じながら食事をしてみたり、幼い子供が遊ぶためのスペースとしてもオススメです。
もちろん屋根を付けることで洗濯物を干すスペースとして家事を効率よくこなせる場所にすることも出来るのですが、どちらかといえば第二のリビングのようにちょっとお茶をして息抜きをするための場所のような使い方にあこがれる人が多いようです。
室内空間の延長で外気や日差しを感じながら、ちょっとした息抜きが出来たり、時には家族で食事をして団欒を楽しんだり、ウッドデッキの活用法はその家の数だけあるといってもいいですね。
さらにウッドデッキが加わることで、家がちょっとグレードアップした外観になるのも大きな魅力です。