収納スペースをどのように確保するかは、家族構成によって大きく異なってきます。
小さな子どもの多い世帯と、大人ばかりの世帯、あるいは夫婦二人暮らしなど、年齢や人数が異なれば生活スタイルも違い、収納スペースのあり方も、それぞれの世帯によって適した形があります。

例えば外物置の配置は、生活スタイルによって考え方が大きく異る場所の一つです。
アウトドア趣味の豊富な方や子どもの多い世帯の方は、自転車、屋外スポーツ用品などを収納できる外物置は大型のものが良いでしょう。
しかし、少人数世帯であったりインドア派であったりする場合は大きな外物置は持て余す場合がありますので、より小型のものを選ぶことでコストダウンを実現できます。

屋内の物置やクローゼットも、小物や服がたくさんあるような家庭では充実したスペースを確保することがおすすめですが、逆に多くの物を持たない生活スタイルであれば収納スペースを最小限にとどめて居住スペースを広げるという工夫もできます。

10年後、20年後の家族構成を見極めて収納スペースを柔軟に増減できるようなプランニングもあります。
生活スタイルにあった収納を実現し、快適に暮らしましょう。