家を設計する時に大事になるのが収納です。
作り付けの収納は必要ですがまずは収納する予定のものを使用頻度別に事前仕分けするといいでしょう。

使用頻度の高いものはすぐに取りだしやすいところに配置し、そうでないものは上の方に配置するなどすれば効率が良くなります。

作り付けの収納は天井近くまで収納できることがほとんどですが上の方は取り出しにくいのであらかじめ事前仕分けをしておけばどれくらいの大きさの収納にすればいいのかが分かります。

また物量そのものを知っておくことも大事でしょう、勿論その前に断捨離して物を減らすことも大事ですが物量を知らずに収納を作りますと全てのものが入らず物を平置きせざるを得なくなりみっともなくなります。
家具を買うにしても収納ありきのインテリアコーディネートの場合圧迫感が出るでしょう。

逆に収納を大きく作りすぎますと部屋が狭くなりますので無駄です。

ちょうどいい大きさの収納であれば部屋の広さもそこそこ保てますし収納も余裕があり快適な生活ができるのです。

引越しの時が物量を知る機会かもしれませんがそれ以前にも一度部屋の中の整理をしてみて確かめてみましょう。