シックハウス症候群という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
新築やリフォームをした際に、壁紙や建材などに使用されている接着剤や防腐剤に含まれている化学物質が原因で、鼻水や頭痛、目のかゆみ、下痢、湿疹、じんましんなどの様々な不調が現れてしまうことを言います。

その原因の一つがホルムアルデヒドという物質です。
人への発がん性があることもわかっています。
家を新築したりリフォームをしたらなんだか身体の調子が悪いという場合には、ホルムアルデヒドなどによるシックハウス症候群を疑ってみても良いのかもしれません。

対策としては空気の入れ替えを頻繁に行うようにすることです。
壁紙の接着剤や木材の防腐剤として使用されていることが多いため移動させることは難しいものが多いので、空気の入れ替えを行ってホルムアルデヒドを家の外に排出してしまうようにするのが良いでしょう。

また、近頃ではホルムアルデヒドを除去するためのワックスやスプレー、シートや置くだけのビーズなども販売されていますので、それを利用すると安心です。