土地を選ぶときに震災対策を考え方の中心に置くということは、大切なことです。
ポイントを間違えてしまうと、地震に見舞われたときに命や家族を失ってしまったり、マイホームが廃墟と化してしまう恐れが出てきます。

地震対策の視点から考えてみたとき、最大のポイントになってくるのが地盤の強度になってきます。
地盤の上に立っている建物が頑丈にできていたとしても、これを支えている足元がしっかりしていなければ、元も子もありません。
地盤の良否を簡単に見分けるポイントは、その土地の立地になります。
一般的に湾岸地域や河川のそばは比較的に地盤が弱い地域と考えて間違いがありません。
土地の位置を地図でよく確認して、近くに河川や海がないかを確認してみてください。

軟弱地盤の怖さは、今まで日本で起きた大きな地震から、いやというほど思い知らされています。
特に湾岸地域で起こってくる液状化現象は、想像を絶するすさまじさになります。
液状化現象は地震の揺れにより地盤の土砂が流動してしまう現象です。
また地震の原因になっている活断層にも注意が必要です。
この活断層に直接たてられている建物は地盤が直接ずれることで、被害も大きくなります。