住宅事情としては、新しく建てられている住宅の多くに、床材としてフローリングが使われています。
フローリングの場合では、常に室内を綺麗に保つことに向いている素材になり、専用のワイパーなどを使うと非常に簡単に掃除を済ませられます。
太陽光を室内に入り込ませる役割を持っているので、室内を明るい環境に保つことにも適している素材です。

フローリングの中にもこだわりを持って施工される方も多く、現在では無垢フローリングを利用している方も増加傾向にあります。
天然の素材を使っているものになるので、健康被害が起きてしまうことがなく、室内の環境を自然風味にすることにも最適です。

しかし、無垢フローリングでも一定のデメリットがあるので、十分に把握した上で導入することが望ましいことです。
デメリットの中には汚れに関することを挙げられます。

一般的な合板のフローリングとは異なり汚れが木材に浸透してしまうことが多いので、十分に配慮した生活を送る必要があります。
傷なども付きやすい環境にあるので、落下物や家具の移動にも注意が必要です。
ヒビ割れを起こしてしまう可能性も高く、大切に取り扱うことが何より大切です。