お子さんのいる家庭では、大きくなったときに備えて子供部屋を用意される方も多いと思います。
マンションか一戸建てかによってどの部屋を子供部屋に充てるかというのは異なってきますが、どちらにしてもコミュニケーションのとりやすい部屋作りをすることが、将来の親子関係を良好にするための大事なポイントになってきます。

一番ベストなのは、リビングを通らなければ子供部屋に行けないような動線を作ることです。
一戸建てで上階に子供部屋を用意する場合、リビング階段の家であれば必ず自室に行くためにリビングを通ることになります。
少しでも顔を合わせる時間ができるので、そこでちょっとした会話をすることもできます。

マンションの場合は、リビングに接した部屋を子供部屋にするのもよいでしょう。
またドアで締め切るのではなく、目の届くように引き戸などで緩やかにしきりを作るタイプの部屋であれば、よりコミュニケーションも取りやすくなります。
普通のドアの場合は、反抗期などで部屋にこもりきりになってしまう可能性もあるので、できれば鍵は付けないほうがよいでしょう。