こんにちは(^^)/T-STYLEの小倉です。
本日はシックハウスについて。

住居内で空気が汚染されて起こる様々な健康障害を総称して、
シックハウス症候群と呼びます。

住宅の高気密や高断熱化が進み、新建材と呼ばれる建材を多く用いたことにより室内の空気が化学物質で汚染され、そこに住む人の健康に悪影響を与えてしまうようになりました。

シックハウス症候群が起きる原因は一つに特定できず、一つの症状だけでは何が原因であるかを正しく把握することができません。

シックハウス症候群が起こるのは、新築やリフォームをしたときだけではないことがわかってきました。
住宅を建てるときに使用される建材以外にも、カーテン・絨毯・家具などから発生する化学物質、化粧品・タバコ・スプレー類・防虫剤などの日常生活用品が原因となって室内空気が汚染されています。

また、住宅の高気密や高断熱化が進んだため、換気不足も室内空気汚染の原因となっています。

シックハウスの背景には建築基準が低いこともあったため、
建築基準法が一部改正となりました。

シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げることが目的です。

これにより、建築物に使用する建材や換気設備が規制されることとなりました。