こんにちは(^-^)T-styleの小倉です!
雨が降り続く時期になると、日常生活に色々と悩みが出てきます。

その中で、雨漏りのサインを見落としてしまうことが多いようです。

例えば、壁のシミ・カビが目立つようになってきたり、天井近くでクロスの剥がれを見つけたり、床が濡れていたりすることです。

雨漏りを放置してしまうと、家の中に張り巡らされた電気の配線が濡れてショートしてしまう事故が起きたり、建材が濡れた状態になるとシロアリにとって格好の餌になるのです。

そのようなダメージが家に加わり続けると、蓄積してやがては倒壊の危険も出てきて、安心して暮らすことが難しくなります。

雨漏りの原因が、外壁や瓦のヒビ割れ程度であれば、修理業者に連絡をすれば、直ぐに対応が可能です。

見た目で原因がわからなくても、プロであれば正規外戦サーモグラフィーなどを用いて調査し、修理することができます。

そのように些細な雨漏りのサインでも、放置することなく雨漏りがもたらす二次被害の芽を摘むことが、長く家に住み続けるために必要なことです。