住宅は、建築されてから月日が経つにつれて外壁などの塗料がとれてきてしまったり、長年の蓄積された汚れにより見た目にも影響が出てきてしまうことから、何十年に一回あるいは見た目が気になってきたらすぐに塗料を塗り替える必要があります。

塗料を塗り替える際には、最近ではツヤありからツヤ消しといういくつかのタイプがあり、それぞれにはメリットやデメリットがあるので、自宅をリフォームする際にはきちんと相談した上でのリフォームをすることが重要となります。

塗料を塗る際のツヤ消しと呼ばれるタイプは、塗料の中でも控えめなタイプとなっているので、塗料を換えても見た目にはあまり判断がつきにくいといデメリットがありますが、落ち着いた雰囲気の外壁にしたいときにはツヤ消しの方がおすすめで、地味な分落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。

一方ツヤありの場合は、見た目にもすぐわかるように光沢のある塗料となっており、ツヤありでは新築のような塗り替え感を味わうことができ、汚れの付きにくさや、耐久性にも優れているので最近ではツヤありを希望して塗装を行う方が多くなってきているそうです。