建物の寿命に比べて、外壁の寿命は短いため何度かメンテナンスをする必要があります。

外壁に使われている塗料は雨や紫外線から家を毎日守っている役目を持っています。

この紫外線や雨から建物を保護している役割は非常に重要で、
塗装が剥がれてしまうと家に様々な問題が発生してしまいます。

具体的には、クラックと呼ばれるヒビ割れ部分から水が侵入したり、
紫外線によるダメージが増えることで建物自体が痛んでしまうことです。

外壁を塗り替える目安ですが、塗料の寿命は7〜10年と一般的に言われています。

建物の風通しや湿気の状態によっても年数が変わってくるので、
大まかな目安となります。

またクラックが生じている、藻やカビの発生が見られる場合には、塗り替えを考えたほうが良いと言えます。

屋根に苔が発生していたり、亀裂が生じている場合など、家の状態を確認することで外壁のメンテナンスが必要かどうか判断することが出来ます。
適切な時期に塗り替えること、コストを抑えて住み続けることができます。