お子様がいる家庭などでは家族の気配を感じられるような家づくりを希望される方が多いようです。

一戸建てなど、ある程度の広さがある住宅においては、リビングと個室など離れた空間で過ごすときに寂しさや不安を感じることもあります。

これらを解消できるような温かみのある空間づくりをするためにはどのような工夫をした間取りが最適なのでしょうか。

一般的によくみられるものとしては、吹き抜けやリビング階段の採用です。

吹き抜けは1階と2階の間の一部分に壁を作らず、天井を統一したものです。

玄関やリビングに配置することで別々の階にいても家族の声が届きあうというメリットがあります。

玄関から2階へ繋がる階段では家族が集まるリビングを通らずに個室へ移動できてしまうため、お互いの顔を見ることや挨拶を交わす機会が減ってしまうこともあります。

このデメリットを解消するのがリビング階段です。

リビング階段は2階に声や物音が届きやすいため、これが不都合だと感じる場合は、リビングから階段を直接配置するのではなく、階段室を設けるなどの工夫も効果がありますよ。