窓の大きい家は採光の良さから日中は総じて室内が明るくなります。

そのため、解放的でストレスの少ない環境といった、住居としては理想的な条件を整えられるというメリットがあるのです。

また、大きな窓は外観にも好印象を与えることができます。

これは長く過ごす上では大きなメリットとなりますね。

しかし一方で、窓が大きい故の難点がある事も知って置かねばなりません。

まず考えられるのが、メンテナンスの大変さです。

特にはめ殺しの大きな窓については手の届かないところに設置して効果を活かせる反面、掃除においては洗浄機械等の道具が必須になって来る可能性が高いと言えます。

更に壁と比べると汚れが目立ち易いという素材上の特性もあり、掃除やメンテナンスが頻繁に要しがちというのも難点と言えます。

加えて断熱性の面において、壁に劣る側面がある事を否定出来ません。

直射日光が入り易い事と合わせて、窓を大きくする事によって冷暖房の効率に影響する可能性が考えられるのです。

これらの要素が重なる為、ランニングコストが高くなる事を想定する必要があります。

メリットのみならずデメリットも良く考えた上で、設置の検討を行う必要があると言えます。