こんにちは(^^)/T-STYLEの小倉です。

本日は注文住宅と分譲住宅についてです。

注文住宅と分譲住宅では、どっちがいいのでしょうか。

それぞれにも長所短所がありますので、ご自身に合った住まいを選ぶことが大切です。

まず、注文住宅は「自分の理想通りの家が建てられる」ことが良いです。

せっかくの大きな買い物で、マイホームはやはり夢ですよね。

建てる前からあれこれ考えることは実に楽しいものです。

ですが、いざ出来てみると「思っていたものと違うもの」になることもあります。

また、注文住宅は要望により建築するので価格が高くなります。

その点では、分譲住宅は価格が明確で、しかも価格は安くなる傾向にあります。

しかし、分譲住宅は、建売ゆえに土地の広さが限られています。

最初から出来合いのもので、自分の理想に合ったものを探し出すことは難しく、家を建てることにこだわる人の場合、分譲住宅は選択しないでしょう。

このように「マイホームを費用がかかっても、完全の自分の夢の実現」を目指すのか。

「家は住めさえすれば、あとは自分なりに工夫していく」ことを考えるのか。

双方ともにメリットとデメリットはあるため、どちらも理解しておきましょう。