T-STYLEの小倉です。

本日はバリアフリーについて書いてみたいと思います。

世の中にようやく認知されてきた「バリアフリー」という言葉。

聞いたことはあっても、具体的にどういった物を指すのか分からない人も多くいらっしゃると思います。

ここでは、バリアフリーの意味について紹介します。

ここで言うバリアフリーは、あくまでハード面でのバリアフリーに限定しますが、高齢者や障害者にとって障壁となるものを取り除くというのが、一義的なバリアフリーの意味です。

具体的には、生活動線の中にある段差を解消したり、階段に手すりをつけたりして、身体機能が低下している方や障害を持った方たちが、安心・安全に生活することが可能になるような環境を整えることを言います。

公共の施設はもちろんのこと、商業施設や民間企業、一般家庭に至るまで様々な場面に、バリアフリーが配慮されるようになりました。

同じような言葉で「ユニバーサルデザイン」という概念もありますが、これも同じく、どのような障害を持った人でも、健常者と同じように使用することが出来る仕様やデザインのことを言います。

超高齢社会に突入した日本において、バリアフリーという概念は必要不可欠なものであると言えます。